Page: 1/18   >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
8年前の今頃は…
今年もあと一週間となり、バタバタと走り回っています。

そんな中で、午後一の予定は、安佐南区選出の
石橋良三 県議の事務所を訪問しました。



実は、私が議員になる、今から8年前、志を立てたものの、
そもそも選挙ってどうすればいいのか、また、議員が日々
何をしているのか、そんなことを何も知らない私を一から
指導してくれたのが石橋良三県議なのです。

全く経験のない選挙を前にして、どこかの現職議員の事務所に
勉強に行きたいと考えていました。

当然、地元の県議事務所も考えましたが、ある方から勉強に
行くなら石橋良三事務所に行くべきと勧められ、それまで全く
面識がないにもかかわらず、図々しいお願いと知りながら、
その門をたたきました。

私は、『再来年の廿日市市議会議員選挙に挑戦したいと
考えています、でも、選挙をどうやってすればいいのかわかりません、
教えてください!!』
今でもはっきり覚えています。

それから、一年間、事務所の雑用はもちろん、早朝から
深夜まで議員の運転手も経験しました。
本当にすべてのことを経験させていただきました。

県議選挙期間中は、早朝に事務所を出て、暗くなるまで
後援会入会者のお宅を毎日300件訪問ていました。
これは辛かったです。

雨や雪が降る寒い日も、自転車をこいで選挙区内を走り回っていました。

この時の経験は、いまの私にとって大きな財産になっています。
本当に懐かしいです。

そんな貴重な経験をさせていただき、早いもので8年が経過します。
そんな恩師も来年は6期目の選挙をむかえます。
選挙を前に今日はその打ち合わせ会議があり私も出席しました。

選挙までの3か月は私にとって、あらためて原点を見つめる
時間になりそうです。

それでは、また更新します。

| 廿日市市議会議員・松本たろう | 21:48 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
今朝はいいことありました!!
皆さんおはようございます。
金曜日の朝は、いつもどおり西広島バイパスにて
朝のご挨拶です。

いつものように手を振ってご挨拶をしていると、
3台くらい後ろの車がクラクションを鳴らしています。
さらに運転手の方が、私に向かってなにか言っているようです。

一瞬、”苦情か?”とも思いながら、近づいていくと、
寒いからとマフラーを貸していただきました。
ありがたいです!!

その後は貸していただいたマフラーを巻いてのご挨拶。



マフラーは初めてですが、最近、アメや野菜、
さらにはお手紙をいただくこともあります。

あと半月もすればこの場所に立たせていただき、
丸3年になります。この3年の間に多くの方々との
出会いがあり、温かい心をたくさんいただきました。

いつも決まった時間に、決まった場所に必ず立っている
ことが、見る方にとって何かの励みになればうれしいです。

体調管理に気をつけて、これからも立ち続けます。

そして、この後は”たろう通信VOL25”の印刷打ち合わせです。
その後、残りわずかとなった”VOL24”の配布に出かけ、
夕方には政治経済に関する勉強会に出席予定です。

今日も一日頑張りましょう!!

では、また更新します。


| 廿日市市議会議員・松本たろう | 09:22 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
Lognoteさんの取材を受けました

Lognoteさん は広島県西部から県中部の
中小企業向けに経済情報誌を発行している会社です。

広島県若手地方議員の会”WiLL”の取材をしたいという
ことでオファーをいただきまして、本日、代表の藤原さんと
お話しをさせていただきました。

広島県の活性化には、まず企業が元気になって
いただかなければいけません。

そんな企業向けの情報誌に、私たち若い議員の想いを
紹介していただくことは、頑張る企業にメッセージを送る絶好の
チャンスです。非常に貴重な機会をいただきました。

いまなぜ地方政党なのか?その先にあるものはなんなのか?
そんな”WiLL”に込めた思いを一時間近くお話をさせて
いただきました。新年号に掲載していただけるということです。
今から楽しみです。

”WiLL”も設立以来、一年が経過し、これまで多くの
メディアに取り上げていただきました。
”WiLL”の一員であることにあらためて誇りを感じています。

全国に先駆けて設立した、地域政党”WiLL”が広島県の
活性化の起爆剤になれるよう、これからもメンバー全員で
全力で頑張っていきます。

新年号に掲載していただいた記事は、あらためてご紹介します。

では、また更新します。

| 廿日市市議会議員・松本たろう | 22:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今日は献血してきました
皆さんこんばんは。
今日は朝9時半から産業厚生常任委員会に出席しました。
審議案件は国民健康保険特別会計への補正予算案、
公の施設の指定管理者の指定について、さらに2つの
国に対する意見書の扱いについて審査を行いました。

審議案件については、いずれも可決すべきという結論にいたり、
原爆『黒い雨』指定地域の拡大を求める意見書、さらに
農作業事故を撲滅するための法整備を求める意見書の、
2つの意見書については、委員会として委員全員の名前で、
国に要望することを決定しました。

委員会は午前中で終了し、市役所を出ようとしたところ、
献血ののぼりが目に入りました。



いま、血液が不足しているということは聞いていました。
特に、O型が。私はO型です。
機会があればと、思っていましたところ、今日は廿日市市役所に
移動献血車がきていました。
そこで、早速献血させていただきました。



皆さんも是非、献血にご協力ください。

では、また更新します。

| 廿日市市議会議員・松本たろう | 21:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
民主党ブームの終焉?! 茨城県議会議員選挙。
皆さんこんにちは。
来年の統一地方選挙も、あと3か月あまりとなりました。
昨日は地元県議会議員さんの事務所開きに行ってきました。
凛とした緊張感の中で神事がとりおこなわれ、
選挙の匂いがプンプンしていました。

地域の方々、後援会役員をはじめ、多くの方が激励に
詰めかけていました。

廿日市市の定数はいままでと変わらず、『』のままです。
本来、廿日市市の県議会議員の定数は県内他市と比較して、
になってもおかしくはありませんが、昨今、いくら均衡が
とれていないとはいえ、議員定数を増やすことは住民の
理解が得られないということろなのでしょう。

廿日市には現職県議が2人いらっしゃいます。
もちろん、お2人とも立候補を表明されています。
さらに今回は民主党の女性公認候補者が立候補を予定されています。

民主党も支持率が低下していますが、そこは政権与党。
どの候補にとっても大変な選挙になるでしょう。
廿日市市は県内有数の激戦区となるのではないでしょうか。

そのような中で、来年の統一地方選挙の前哨戦といわれる、
茨城県議会議員選挙の結果がでました。

現有の6議席は確保できたものの、政権与党の
公認候補があれだけ勝てないということは、
非常に厳しい審判が下されたと言わざるを得ません。

また、みんなの党など、中央政党からの公認候補が
増えていたことも印象的でした。

今までのように中央集権体制のもとで政治が進められる
時代ならば地方議員が中央政党に所属することも否定はしません。

しかし、地方分権、地域主権の時代の中で、国政の影響を
地方議会が受けることはいかがなものかと思いますし、
さらに時代を逆行するかのように中央政党の公認候補が
増えていることに少々疑問を感じています。

それはさておいて、去年の衆議院選挙の前からの
”民主党ブーム”も終焉をむかえるのでしょうか?
来年の統一地方選挙の結果も気になるところです。

民主党もここまで追い込まれれば、小沢氏の国会招致など、
支持率を上げるために、何かやるでしょうね。
もうやらざるを得ないと思いますけど…

動機はどうあれ、した約束は守っていただきたいし、
決めるべきことは、さっさと決めていただきたいですよね。

また更新します。

| 廿日市市議会議員・松本たろう | 17:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
いま、次の原稿書いてます
早いもので、今年もあと3週間足らずとなりました。
年末を前にあれもこれもやらなければいけないことが満載で、
気が焦るばかりです。

実は、”たろう通信”VOL24をまだ配り終えていません。
あともう少しですなんですが…
12月議会も始まってしまい、なかなか進みません。
明日もいつもより少し早起きをして、時間の許す限り、
ポスティングを行います。

そのような中でも、もう次の原稿を書かなければいけません。
先ほどまで、原稿を書いていましたが、気分転換に
ブログ更新しています。

内容は以前から決めていましたので、比較的スルスル書けました。
今回は地域政党”WiLL”設立から、ちょうど一年が経過し、
あらためて設立への想いや、倍増したメンバーの紹介をさせて
いただいと思っています。

そして、何といっても多くのメンバーが4月に選挙を迎えます。
いま皆が感じているキリキリした感覚を少しでも共有したいと
考えています。

もう少しで出来ますので、また近いうちに、皆さんにご報告いたします。

では、原稿書きに戻ります。

おやすみなさい。

| 廿日市市議会議員・松本たろう | 21:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今日は12月議会初日です。
皆さんこんばんは。
今日から12月定例議会です。
今議会では人事案件、専決処分の報告、条例改正、
さらには本年度の補正予算が上程されました。
そして、最後に先月開催された決算特別委員会の報告がされました。

補正予算や条例改正については、会期中にその都度、
ご報告いたします。

実は、今日の議会の中で、一つ気になったことがあるんです。
それは、決算特別委員会の委員長報告と、その後の委員長の
言動に大きな矛盾があったことです。

この度の決算特別委員会では、一般会計、特別会計ともに
全会一致で賛成という結論を出しました。

当然、この度の議会の中で、決算特別委員会が全会一致で
可決という結論に達したという旨の報告がされました。

しかし、その後、全会一致で可決すべきという報告をされた
委員長自らが、決算認定に関して、本会議の中で反対をするという、
奇妙な行動に出られたのです。

あの時、委員会で出した結論は一体何だったのか?
張り詰めた緊張感の中で、議論した2日間は何だったのか?
無駄な2日間を過ごした気になりました。

これは委員会軽視もしくは議会の軽視になりませんか?

このように委員長自らが結論をコロコロ変えるようなことを
していては、決算認定を求めてきている行政側から委員会の
存在そのものを軽く見られてしまいます。

全国的にも稀なことだと思いますが、実は廿日市市では過去にも
同じようなことがあったらしいのです。

理由はともあれ、つい先日委員会として出した結論を簡単に
否定することは、私にはどうしても理解できません。

やれやれです…

では、またあらためて…

おやすみなさい。

| 廿日市市議会議員・松本たろう | 22:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
阿久根市竹原市長リコール成立
皆さんこんにちは。

最近、よく首長と議会の対立が報じられるようになりました。
先日の名古屋市の議会解散請求不調という結論に続き、
昨日の阿久根市でも、これまでの市長と議会の混乱は、
市長の失職ということで、とりあえず、一定の結論が出ました。

今後は来年1月に、出直し市長選挙が実施されることになります。
また、市長側も議会のリコール請求をしており、おそらく、
これも成立するでしょうから、今後、議会議員の選挙も
実施されることになります。

じつは、阿久根市は、私の父親の出身地でして、祖父、祖母が
健在のころは幾度となく遊びに行っていました。
そして、今でも親戚はたくさんいます。
それだけに、この混乱ぶりは非常に気になります。

今回、市長のリコールは成立しましたが、その結果は、
賛成7543票
反対7145票
その差は、わずか398票です。

私はこれまでの阿久根市の混乱を客観的に見て、
今回の投票結果は賛成が反対を大きく上回ることを予想していました。

しかし、阿久根市民の半分の方が、竹原市長に理解を示しているという現実。

もちろん、その手法に問題はあるもの、このストイックさをなくしては、
何も変わらないと考えた有権者は少なくないということです。

これは阿久根市民に限ったことではないでしょう。

わが廿日市市でもいつかは…

では、また更新します。

| 廿日市市議会議員・松本たろう | 17:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
何を目指して…
皆さんこんばんは。
昨晩、友人から勧められた、ビジネス書を読んでいました。

題名は『大事なのはのあなたじゃない、この先、どのくらい
目指そうと思っているかだ。』という非常に長いのですが、非常に
短く、読みやすい本で、1時間程度で読み終えました。



基本的には、質の高い広告をクライアントに提供するための、
クリエイター向けの本なのですが、あらゆる業界の現場で活用できる
ビジネス書ということで、もちろん、私たち議員が読んでも非常に面白い
本です。

頑張る人が、また、頑張ろうと思っている人が読むと、
さらにモチベーションが上がる本です。

今までの自分の価値観から逸脱することは、決して恐れることではない、
このことこそが、新しいものを手に入れるチャンスであると伝えています。

私自身、議員になって、この世界に身を置くようになり、
時間が経過すればするほど保守的になってはいないか?

現状に満足し、初めての選挙でへたくそな演説で熱く語った、
あの時の感覚を忘れてはないか?

リスクには、同時に将来を開く大きな可能性があるにもかかわらず、
それを見て見ぬふりをしていなかったか?

そんなことを考えながら読み進んでいました。

自分の価値観って、自分が生きてきた過去を振り返り、
その道を確認しながら歩いていることに過ぎないのです。

何が起こるか分からない未知の領域に踏み出す勇気を
持つことこそが、今の自分に必要なことであることに気づかせて
いただいた一冊です。

頑張る皆さんもぜひ読んでみてはいかがですか?

では、また更新します。

| 廿日市市議会議員・松本たろう | 22:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
廿日市市倫理法人会200回記念公演
皆さんこんにちは。
今朝は私が顧問をさせていただいています、
廿日市市倫理法人会の200回目の講演会に出席してきました。

平成19年に発足し、今では100以上の企業が入会し、
企業倫理について学んでいます。

毎週木曜日の朝6時から広島サンプラザにてモーニングセミナーが
開催されています。



今朝も多くの企業の経営者もしくは社員の方々が
出席され、成功秘訣もしくは失敗した体験など、
普段ほかの講演会ではなかなか聞くことが出来ないような
貴重なお話を聞くことが出来ます。




そんな中で、建設業や製造業さらにはサービス業をはじめ、
いますべての業界では、重要と供給の関係上、事業者の3割が、
どうしても世の中のニーズから外れてしまうというのです。

7割の勝者と、3割の敗者。

この境目とは一体何なのでしょうか?

月並みですが、他者よりも少しでも努力し、1歩でも前に
出ようとする気概が必要というのです。
毎日、1歩ずつでも、10日になれば10歩の差がついている。
当たり前ですが、こうしてあらためて聞けば、考えさせられます。

考えてみれば、3割が世のニーズから外れてしまうという
現実は議員の世界にも当てはまるのではないでしょうか?

自分は議員として、他の誰かよりも努力しているか?
一歩でも前に出ようという気概は持っているか?

自問自答の一時間となりました。

今、この瞬間も全力で走り続けていれば、これから先に
何かがみえてくる。そんな気もしてきました。

また一段とモチベートしてきました。

では、また更新します。

| 廿日市市議会議員・松本たろう | 15:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |